借金2,388,961 円から最後の挑戦
どうしようもない下落続きの人生。一人残された手元には借金が240万。意思も弱く、努力をあきらめかけた自分が、普通の生活を目指し、復活を賭けて最後の挑戦を決意する。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

あっという間に備えて
久しぶりの休日で、むしょうに日帰り温泉へ出かけたくなった。

朝、雨が降っているのに無理やり洗濯を済ませ、室内に干してから出かける事にした。

もちろん持ち物は着替えだけではなく、片手に参考書を持って・・。

自分が好きな温泉は、東京のはずれにある。

ようやく到着して、湯船につかると気持ちが良い事・・・ 東京の温泉とはいえ、ここは硫黄のにおいが湯煙にまざってふわーっと香る。しっかりした泉質だ。

思わず目をつぶりながら幸せな一瞬を感じた。

仕事でもストレスばかりで、試験でも挫折感を味わったが、こうやって温泉に入ってゆっくり出来るなんて、本当にありがたい。

何度か露天風呂に出たり入ったりを繰り返し、満足して湯をあがると、着替えて休憩室へ出向いた。

疲れていたのか、目をつぶったらあっという間に2時間も寝てしまっていた。

ようやく目覚め、あたりを見回すと夕方。

持ってきた参考書を読み始めたが、意外と良い感じ。温泉効果で体もさっぱりしているし、外出先のほうが読んでいても集中できる。癖になりそうだ。

思えば20代の頃、40代でこんな勉強をしている自分は想像出来なかった。

まだまだ時間があると思っていたあの頃、今の危機感のかけらでもあったら・・・ と後悔しそうになるが、二度と戻れないのに無駄な気持ちを向けるのは辞めた。

それより、あっという間に42になった反省を活かし、あっという間に50代、60代になった時、同じ後悔をしない努力をするべきだろう。

体力が衰えるのはしかたない。老化すれば、にぶることもあるだろう。

でも、この歳から貢献できる事もあると思う。そのために勉強するのは楽しい。

中高年でもどこまでやれるのか、自ら実践し、試行錯誤しながら研究してみたい。

帰り道、本屋で勉強法に関する本を立ち読みし、3,000円を返済してから家路を急いだ。

借金残高 1,723,833 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

スポンサーサイト

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

あの人
懐かしい写真が出てきた。

最初に入社した会社で職場の温泉慰安旅行に行った時の写真だった。

びっくりするほど自分の表情が子供っぽいので恥ずかしくなった。

当時25歳。

年齢より精神年齢の低めだった自分は、何もかもが行き当たりばったり。

夢中になるとがむしゃらで、飽きると一気に冷める。

写真には、一緒にビールで乾杯している人の姿があった。異業種転職で自分と一緒の年に入社した人。
年齢は当時42歳。

あの時は、とんでもなく歳上に感じていた。

その年齢に自分がなったとは・・・。時の流れは激流のようだ。

お酒が好きで、自分を良く誘ってくれたが、今はどうしているだろう・・・・。

会社が傾き社内が殺伐としてきた頃、あの人は無理やり責任の重い役をやらされていた。

サービス残業の毎日だったが、あの人は毎月100時間以上はやっていたかもしれない。

もとは穏やかな人柄だったのに、嫌な表情へどんどん変わって行き、冷酷で人を傷つけるような発言が増えて行った。

ある時自分とぶつかり、はっきり覚えていないが、勢いでかなりドギツイ言葉を浴びせてしまった。

その瞬間のゆがむ表情、徐々に泣き顔に崩れて行く辛そうな表情だけは覚えている。

3ヶ月ぐらい、廊下で会っても目をそむけた態度を取ってしまった。

なんて酷い態度を取っていたのかと悔やまれる。

ある時、突然あの人が退職されると聞いた。

退職される3日前に、どうしても謝りたくなり、思い切ってそばに行った。

「仕事上の事では色々迷惑をかけ、無礼な事も申し上げてしまいすいませんでした。」

「いや・・・・、いいんだ・・・。」

それだけ言って、あの人はその場を立ち去って行った。

あの頃、あの人が色々言っていたことが、今になってみて良くわかる事も多い。

「人間は一生学生だ。」

飲みながら口癖に言っていた言葉を思い出した。

そういえば、あの人はいつも朝7時に会社に来て、何か本を読んでいたな・・・。

一生学生。

勉強はいつからはじめても遅くない。

今週末は久しぶりに土日連続でお休みだ。少し気持ちを入れて勉強するとしよう。

帰宅時に3,000円を返済し、帰宅後に押入れの懐かしい写真アルバムを眺めながらそんな事を考えた。

借金残高 1,726,507 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

再挑戦への一歩
今日は久しぶりに仕事が少なかった。

さすがに17時退社とはいかなかったが、19時に退社できるなんて何日ぶりだろう。

常に体のあちこちが充血したように痛むが、プライベートに時間を取れる事が嬉しい。

昨日、先日の試験について公式解答が発表された。

採点してみてびっくり!法規なんてぎりぎりの62点。冷や汗だったが、4科目中3科目、マークミスさえなければ科目合格とわかった。これで2年間、3科目免除で受験できる!!

残るは設備管理1科目。それが一番難しい科目とはいえ、1科目だけなら気持ちが大きく違う。

今回を振り返り、一番悔しかったのがセキュリティの問題。

正直なめていた。

セキュリティの過去問を見ても、大して難しく見える問題が少なく、稼げるなと思っていた。

今回は違った。難しい言葉も出題されていた。

もしセキュリティであと10点取れていたら、合格だった。悔しい限りだ。

早めに退社出来たので、途中で本屋へ立ち寄った。

何冊も立ち読みしたが、「情報セキュリティスペシャリスト」という国家資格の参考書を購入する事にした。

この試験は現在、受験申請受付中だ。でも、まだ受験するかは決めていない。

ざっと本全体をめくってみたが、もしこの本を勉強していたら、合格点に達していた。

甘かった。

でも、後悔はしない。

反省は次へのステップだ。

7月に向けて気持ちは完全にスタートした。

20代から30代後半まで、あんなに資格取得から逃げていたのに変わったなぁ。

40代で記憶力が落ちるというのは嘘。

42歳の自分の実感としては、30代前半のだらけていた頃より、勉強をしている今のほうが頭の回転は速いと思う。

どこかの本で、記憶力は50代でも伸びると書いてあった。

追い込まれて始めた頃は辛かったが、最近、覚える事が楽しく感じられてきた。

まずはこの1冊、信じて頑張ろう。

本を片手に帰り道、3,000円を返済した。

借金残高 1,729,181 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

聞こえても
まさか喫煙所のそばに自分が居ると思っていなかったのだろう。

会社では、事務用品などをしまっている倉庫のそばに喫煙所がある。

仕事の途中、ファイルが足りなくなったので久しぶりに倉庫に取りに行った。

ほこりだらけの薄汚い室内で、あそこでもない、ここでもないと探していた際、年下の男性社員数名が、たばこを吸いに来たらしい。

自分はたばこの臭いが大嫌いで、絶対に吸わない。そういった人のそばに寄りたくもない。

さっさとファイルを持って倉庫を出ようとしたが、喫煙所の井戸端会議で自分がやり玉にあがっているとわかり、足を止めてしまった。

「まったくよぉ。あんなの何で雇ってんだよ。○○みたいな給料泥棒を残すから会社がダメになるっていうんだよ。」

「ほんとだぜ。あの歳だったらもうちょっと上の立場でバリバリ仕事の中心になってもいいのにさ。それどころか居るだけでうぜーったらありゃしねぇ。いまどきもっとましな人材があふれているんだから辞めさせて代わりを雇ったほうがいいぜ。金の無駄。」

「会社にしがみついているだけの姿は迷惑ってもんだな。」

耳を覆いたくなるような罵詈雑言。

日頃から挨拶しても、目線をそらされたり、あまり好意を持たれていない事はわかっていたが、ここまで酷い思いを抱かれていると思わなかった。

自分は人と接するのが苦手だ。自分から仲良く出来るほうではない。

挨拶すらうまく交わせない相手だと、それっきりそのままになってしまう事が多い。

結局、自分が悪くないのに、倉庫のなかでじっと立ちすくんでしまった。

20分くらいだったと思うが、喫煙所から奴らが仕事に戻るまで、長い時間に感じた。

酷い屈辱感に、今すぐ会社を辞めてどこかへ行きたい気持ちだった。

よろけるようにデスクに戻っても、何もかもが上の空。奴らの汚い言葉が頭をめぐり、消すことが出来ない。

確かに仕事にしがみついているのは事実だ。

だが、人の役に立ちたい気持ちは嘘でない。自分のためだけでなく、喜ばれる事をしたいと思っている。

これも試練なのか・・・・。

今はやけになってはダメだ。辛い気持ちをかみ殺して、絶対に耐えてやる。

努力を重ねるようにしていれば、いつか自分を認めてくれる人があらわれると信じよう。

そんな事を考えながら、今日も3,000円を返済した。

借金残高 1,731,854 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

見直し
あいかわらず1月は忙しい日が続いている。

今日も帰宅時間が大きく日付をまたいでしまった。

深夜の電車は様々な人が乗車している。

怒っている人、笑っている人、泣いている人・・・・

それぞれの人生で、様々な思いを抱えて生きているのだろう。

途中駅のある駅で、座席に座る事が出来た。

ふと、前をみると、自分と同世代くらいの夫婦が仲良さそうに話していた。

子供の卒業式の事、卒業後の家族旅行の事、将来の家の改築の事・・・

意識して聞かないようにしたが、何となく耳が行ってしまう。

すごく羨ましい気持ちが頭にもたげてきた・・

(俺ってなんて寂しい奴なんだろう。こんな歳で借金持ち、連れ添って人生を歩んでくれる人もいない。
もちろん子供もいない。孤独だ・・。こんな俺にも一緒に人生をやり直して行こうという人が現れないのだろうか・・。あの人達羨ましいなぁ・・・・・。)

考えながらぼーっとしていたが、はっと我に返った。

誰かに頼るような考え方をして、他人を羨むような心だから不運を招いているのではないか。

自分を磨く前に求めてばかりいるから不運を招いている。

何かに全力で没頭し、充実した人生を送っていれば、他人を羨む気持ちなんて起きないだろう。

試験勉強のやり方も悪かったかもしれないが、不運を招くような考え方をしていたら、いつまでも合格なんて出来ない。

心を鬼にして、心を磨けば運もついてくる。

苦しさをありがたく思うくらいの根性が必要ではないか。

何かを目指す前に、それ以前の事を見直そう!

寒さのしみる夜道を歩き、そんな事を考えながら、今日も3,000円を返済した。


借金残高 1,734,854 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

続く限り
意識していなかったが本番に向けてかなり緊張していたようだ。

試験が終わり、いっきに何かが緩んだような気がする。

同時に維持していた体調も崩れ、どうも風邪を引いてしまったようだ。

昨晩は久しぶりに早めに寝て、8時間も寝られたのに体中のにぶい痛みと重苦しさにきつかった。

それよりも気持ちの切り替えの悪さに自己嫌悪している。

午前中は仕事も上の空で凡ミスばかりだった。

(失敗は成功の母っていうのだからいいじゃないか。)

何回も一生懸命前向きにとらえようとするのだが、どこかにわざとらしさへ抵抗する気持ちがある。

そうかといって、昔のように一線を越えた崩れ方をしないのは、ここで崩れたら二度と立ち直れなくなるという恐怖感と焦りがあるからだろうか。

振り返ると、これだけ悔しいと思った気持ちも久しぶりだった。

良く捕らえるなら、悔しさを感じるくらい真剣に頑張っていたという事だろうか。

いままで(どうせやっても・・・)とか、(今度やればいいや。面倒くさい。)などといった考え方で生きてきて、こんな悔しさを感じた事は無かった。

人間関係がへたで、無表情な嫌われやすい自分にも、「悔しい」という人間くさい気持ちがこれだけ芽生えたのは進歩があったのではないか。

続く限り何度でも挑戦すれば良いのではないか。

仕事だって追い出されると決まったわけでない。

このところの残業だって、多少でも自分を使ってもらえるところがあるという事だろう。

3月は修羅場かもしれない。何を判断されてもしかたない。その時はその時だ。

やっぱり7月にもう一度受験しようか・・。

今回だめだった分野は真剣に対策を講じてみるのも良いかもしれない。

高校で甲子園を目指す世界では、3年生最後の試合で負けて号泣しても、すぐ翌日に来年を目指して練習がスタートするという。

1度しかない人生だ。

ほどほどで冷めた生き方より、何かに向かって必死になる生き方のほうが、生き甲斐を感じるのかもしれない。

やってみるか。

少し前向きに変わってきた気持ちを胸に、今日も3,000円を返済した。

借金残高 1,737,198 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

どうやって
いよいよ本番当日となった。

体は思ったより調子が良い。緊張で多少気持ちが高揚しているからだろうか。

少し過去問を流してから30分前到着を目指して家を出た。

下見のおかげで、すんなりと時間通り到着。

大学の一室だったが、すばらしい建物だった。

試験会場は緊張感がはりつめていた。

教室は見回した限り20代くらいの若い人が多く、何だか気が引けてくる。

そして試験が始まった。

問題の表紙を開けるとかなり難しい問題が多い。

過去問が役に立つところもあるが、まったく訳がわからない問題も多数ある。

法規は過去問が利いて手ごたえを感じたが、設備管理は慣れない問題に焦りが抑えられない。

どんどん時間が経過する。

一通り取りかかったが、確実に手ごたえがあるのは3割か・・・・

これ以上やってもわからないし、何度も退出しようかと思った。

だが、最後の1秒まで何か思いつくかもしれないと、全科目最後まで時間を使った。

何だか激流にのまれたように試験が終わった。

設備管理を除く3科目はわからないが、設備管理は本当にどうしたら良いのかわからないほどダメージを感じた。

家に帰って自己採点したが、10~15点くらい届いていない感じだ。

一番力を入れていた科目が一番ダメだった。

この1教科に力不足を実感した事がきつかった。

過去問だけでは絶対に受からない。本当に力を身につけないと無理だ。

3月で会社を切られる事でもあれば、次にこの試験を受験する事は絶望的だろう・・・

食欲もなく、鼻につんとくるような今までにない悲しみ、悔しさにギリギリの気持ちになってしまった。

全力で届かなければ、すっきりした気持ちになれるのかと思っていた。

自分の性格がゆがんでいるのかもしれない・・ 

悔しさと悲しさばかりが増えてきて、涙目をこらえるのが精一杯。頭がぼーっとしてきた。

大きな壁の前に、挫折感で屈した自分が居た。

どうやって気持ちを切り替えたら良いんだ!

己の力の限界を直視し、引きこもりたくなる気持ちだった。

返済しに出かければ気持ちが切り替えられるかと思い、コンビニへ返済に行ったが、今日はいつもと違う。

何だか堕ちてゆく気持ちが止まらない。

やけになってはダメだとはわかっている。一晩寝て切替えたい。

借金残高 1,739,870 円



にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

最後まで
久しぶりの徹夜作業だった。うっすらとビルに光が差し込む頃、ようやく作業が終わった。

眠さの頂点を越すと、あたまも麻痺してくる感じだ。

帰り道、空から白い粉が舞ってきた。

(雪・・・・・・・・・・・。)

粉雪がはらはらと風に吹かれて舞い上がる。

道行く人々は傘をさして足早に歩んでいたが、なんだか粉雪にふれて歩きたくなり、わざと折りたたみ傘を出さなかった。

仕事のきつさで朝まで何も考える余裕が無かったが、こうやってふと我に返ると、気持ちを切替えなくてはならない事に気がつく。

少しとはいえ、まだ時間がある。

過去の自分であれば、自らに負け、へたをすれば受験を放棄していたかもしれない。

今回は絶対にあきらめない。やるからには1点でも多く取れるように全力を尽くす。

体は限界で、足はむくみ、肩や腰はにぶい充血したような痛みが襲ってくる。

それでも2~3時間寝たら、引き摺ってでも学習計画のノルマを達するつもりだ。

誰が何を思うとも構わない。

他人と過去は変えられない。

自分はこの借金に教えられた信念を曲げず、今度こそ自分を裏切らない行動をするだけだ。

あきらめない心。自分を信じて堂々と挑戦する気持ち。

受験を通して磨ける事は沢山あるはずだ。

明日の試験に向け、最後まで全力を投じる事を誓い、今日も3,000円を返済した。

国家試験受験まであと1日 借金残高 1,742,541 円




にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

逆風に
まるで自分が25日に試験を受けると知っていて、直前に狙いすましたかのごとく不利な事ばかりが襲ってくる。

システム障害の対応をした事で、別の現場からも至急の対応を要請される事になった。

しかも日程は明日の夜からあさっての土曜日にかけてという急な強行スケジュールだ。

翌日の日曜日は試験当日なのに・・・

今まで仕事がしたくても窓際状態だった自分が、大事な勉強をしたい時に限ってなぜ仕事が来るのか・・・

また、会社に風邪が流行っているが、何となく調子がすぐれない。

このところ無理して体力が落ちていた事もあるが、空気が悪い寒い機械室の連続勤務もこたえた。

電車の行き帰りがメインの勉強時間という有様だが、終わらせるはずだった2周目の過去問踏破も間に合わない。しかも一度は見たはずの問題なのに、さっぱりわからない問題ばかり・・・ 悔しさと焦りが募り、「挫折」という言葉が頭をかすめる。

自分に後は無い。

挫折感に負けそうになりながら、土壇場で必死にこらえ、歯を食いしばる思いで「あきらめてはダメだ!」と何度も心の中で叫ぶ。

残りはたった2日間。

例えようの無い恐怖が襲ってくる。自分を助けられるのは自分だけだ。

こんな状況を招くのも、自分の甘さやだらしない生き様が呼び寄せているのか・・・

だとすれば、絶対に負けたくない。

跳ね飛ばされそうな逆風が吹き付けようと、避けずに進んでやる。

借金返済同様、試練を与えて頂いたと考えよう。

苦しみを乗り越えたとき、一度はチャンスが来ると信じたい。

自動引き落としがあって、今日は41,000円が返済されていたが、1秒でも早く完済に近づきたい気持ちと受験を全力でやり切る決意を込めて、追加3,000円を返済した。

国家試験受験まであと2日 借金残高 1,745,212 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

望み
20日のワシントンはオバマ大統領就任の歴史的瞬間を見ようと約200万人が駆け付け、大興奮の情景が何度もニュースで流れていた。

激しい選挙戦でのオバマ氏は、苦しい時も常に前を見て、最後まで自分を信じ、目を輝かせ、体中から不思議なパワーが湧き出ているようにも見えた。

世界情勢の悪化は激しく、大統領の手腕を持ってしてもすぐに解決は厳しいかもしれない。

だが、この人ならやるかもしれないという可能性を感じた。

アメリカが復活すれば、日本にも好影響がもたらされるはずだ。

けして遠い国の知らぬ出来事と思えない。暗い時代に突如現れた麒麟児として、ぜひリーダーシップを発揮して欲しい。

自分もオバマ氏が自分を信じて頑張っていた姿、最後まであきらめない姿を見習いたい。

皮肉なもので、先日の障害対応後、提出した資料がめずらしく評価されて仕事が増えた。

この時期で無ければ、評価された事がきっかけで仕事をもらう事など無かったので、嬉しいと思うのだが・・・・  試験を考えると心が重い。

今日も日付をまたいで帰宅。今週末は土曜日も出勤だ。日曜日が試験なのに・・・

まだ過去問も、2周目を終えていない。焦りがじわっと襲ってくる。

それでも、1週目に2~3割の出来だったのが、2周目に入り、4~5割の出来になってきた。

やった分は必ず返ってくると信じよう。そして、この苦しみが自分のためのみならず、誰かの役に立てる事につながって欲しい。

人の役に立ち、感謝されるような仕事がしたい。

こんな自分にも、努力すればいつかチャンスがやって来るのだろうか。

最後のチャンスを与えて欲しい!

何度も心で願いながら、今日も3,000円を返済した。

国家試験受験まであと3日 借金残高 1,788,901 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

振りしぼる
キィィィィ!!ガッシャーン!!!!

猛烈な衝撃音と共に目が覚めた。

アパートのそばで、通勤を急ぐサラリーマンが自転車を電柱にぶつけたらしい。

起こしてもらったのは良いが、寝不足で頭が痛い・・・ 軽い吐き気さえ感じる。

まともでないまぶたの重さをこらえ、ふと時計を見て寝ぼけた気持ちがぶっ飛んだ。

時計は7時40分。

やばい!!!!!!!!!

寝不足のせいで会社に迷惑をかけては絶対ダメと誓っていたのに情けない。

狂ったように着替え、何も食べず、ろくに身支度も整えないまま家を飛び出した。

家から駅までは徒歩12分。8時ちょっと過ぎの電車に乗れなければ遅刻確定だ。

何度も吐き気を我慢して、息切れしながら必死に走る。苦しみながら駅へ駆け込んだ。

ホームにはすでに目的の列車が到着していた。ラッシュのおかげで出発が若干遅れている。

最後の力を振り絞って、ドアがしまる瞬間に肩から車両へ体を突っ込んだ!

思いっきり腕がはさみ込まれた!(痛い!!!!)でも、なんとかぎりぎりで乗ることが出来た。

会社には結局始業ぎりぎりに到着。起床からの出来事で、あたまがグラグラしている。

自己管理の甘さ、大丈夫だろうという過信に反省ばかりしていた。

夕方になっても、体調は完全に復調せず、勉強をしたいので、早く帰りたかった。

しかし、こんなときに限って雑用を次々に頼まれる。

立場を考えると、こんな単純作業でもやらなければいけないが、どんどん受験が厳しくなって行く・・・。

帰宅途中に3,000円を返済し、ぐったりした体でアパートにたどり着くと23時30分を過ぎていた。

本当はブログなど書いている場合ではない。だが、これを辞めたときは人生に完全に負けた時と思っている。完済するまでは絶対に続けるつもりだ。

今日の勉強は1時までにしよう。

そして作戦を変え、捨てる所は見切る。手間がかかる事にこだわるより、残り5日間で過去問を丸暗記するつもりでやろう。目標は過去5年分の完遂だ。

最後の1秒まであきらめず、繰り返せるだけ反復してやる。

過去問が2~3割は出る試験だ。そこだけは落としてたまるか。

自分を信じ、志を高く持ち、受かりたい気持ちを捨てずに力を振り絞れ!

信じて信じて、最後まで信じ切ってやる。

もう、これ以上自分をごまかした生き方はしたくない。

国家試験受験まであと5日 借金残高 1,791,222 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

つぶやき
小さい頃から運動が苦手だった。

男だと、野球やサッカーといったスポーツに目覚め、目一杯体を動かす事に興味を持つのかもしれないが、群れるのが嫌いで、一人家に引きこもって本を読み、音楽を聴いていた。

学校でも一人で居る事が多くて、いつも変わり者に見られていた。

遠足の班決めが嫌で、遠足をボイコットした。

押し付けられるのが嫌いで、一度夏休みの宿題をまったくやらず、小学校の先生に親子ともども大目玉をくらったことがあった。

たまに何かへ熱中する時もあったが、極端に冷めやすく、興味の続くことがない青年時代だった。

大学になるまで、一度も女性とつきあった事もなかった。

自分らしい事はないかと探したが、これと思える事もないまま社会人になった。

社会に慣れるとルーズさが増している事に気がつかなくなっていた。

(まぁいいか。)(あとでいいか。)(今度やろう。)(まだ大丈夫だろう。)

腐った考えがどんどん増殖し、その頃は若さで許されていた事に気がついていなかった。

心配して直言してきた人もいた。

その時はむっとするばかりで、素直に耳を傾けなかった。

そんな自分が、この年齢で当たり前のように追い込まれ、ようやく何かに気がついたかもしれない。

試験は法規の勉強が一番遅れている。

昨年の過去問をやってみたが、36点だった。絶望的だ。

借金の無かった頃の自分なら、試験をあきらめたろう。

今は多額の借金と、現金が12万円ちょっとしか残っていない厳しい現実で、顔が腫れるくらいのビンタをくらったようだ。それでやっと目が覚めたなんて、笑ってやってください。

それでも、試験を受けるチャンスを頂けただけでもありがたいと思う。

過去のだらしない自分が出来なかった真剣さ、本気さを、どこまで貫けるか試したい。

どんな結果でも良い。むしろ、試験が終わった瞬間、どんな気持ちになれるかだろう。

自分が自分に生まれて初めて100点をつけてやれるような頑張りを見せたい。

そんな事を考えながら、残業で疲れた体を引き摺りながら、今日も3,000円を返済した。

国家試験受験まであと6日 借金残高 1,793,883 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

先を描く
本当にだらしない。

今日は来週やってくる本番のつもりで、あれだけ朝7時に起きると決めていたのに・・

確かに昨晩、勉強で冷や汗をかき、遅くに寝た。

やっていた通信教育の教材が古くて、実際の過去問をやってみたら近年の出題傾向とまったく違うのだ。

知らない言葉が出てくると、あらゆる手を使って調べるまで寝られない。

やっと苦労して調べても、不安が拭い去れず、寝ることが出来ない。

自己管理が出来ていないといえばそれまでだが、寝たのは日付をまたぎ、2時だった。

目覚ましを2つもかけたのに歯が立たなかった。

起きた時間は朝9時。

来週だったら受験も出来ないところだった。

寝ぼけ眼をこすりながら、ふと、昨年の資格試験で会場へ向かった際、道に迷って逆走し、タクシーを使って駆け込んだ事を思い出した。

今回も初めての会場だ。

寝坊を平気でするような自分に過信は禁物。

天気も雨が降りそうだし、寒さはひとしお身にしみるが、来週の受験会場を下見する事に決めた。

電車を乗り継ぎ、やっと最寄り駅に到着した。案の定、方向音痴の自分は自信なさそうにあたりをふらつく事になった。

これが本番当日だったら、無用な事で危ない思いをする所だった。

持っていったデジカメで会場を撮影し家に戻った。

パソコンの壁紙に試験会場の写真を設定すると、なんだかすごく気が引き締まってきた。

記憶力や理解力をすぐに高める事は出来なくても、努力で出来る事はやっておきたい。

先を描くなら、今自分がやれることをしっかりやるべきだろう。

結果はどうであれ、受験後に後悔するような真似はしたくない。

そんな思いを頭にめぐらせながら、今日も帰宅途中に3,000円を返済した。

国家試験受験まであと7日 借金残高 1,796,544 円

siken-kaijo_090119.jpg


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

見えぬ出口
朝から試験対策として、ひたすら過去問に取り組む。

本番直前だというのに、いまだ見た事も無い用語が出てくると、心中穏やかでいられない。

世の中、難しい試験は沢山あると思う。この試験を大したこと無いと思う人もいるのだろう。

だが、自分にとっては2段階も3段階もレヴェルが上に感じる。

それでも、やめたら終わりだと思って、必死に心へ鞭を叩く。

しかし長くは気持ちが続かない。力めば力むほど、逆に頭に残らない。

何度も細かい休憩を取り、テレビやネットサーフィンをしたくなる誘惑と戦いながら続けるのだが、頭が何をやっているのかわからなくなってきて、ついに大の字になって寝てしまった。

目が覚めると夕方だった。

焦りが募る・・ そして集中力が持続できない自分にいらだちすら感じはじめたため、思い切って外に出た。

買い物をして、帰りに3,000円を返済すると、借金の残高がようやく180万円を切った事に気がついた。

でも、嬉しさは無い。

錯角だとわかっているつもりだが、返せば返すほど、残額が減って行くスピードが遅くなっているように感じる。

ブログを書くようになってから、他の借金返済に頑張る人達のブログを読むようになった。

節約しながら、必死に返済している人達も多数いらっしゃるが、挫折されてしまった方もおられた。

同じ苦しみを味わう者として、挫折しそうになる気持ちがすごく良くわかる。

ここが肝心なのかもしれない。

いままで、(後でなんとかなるだろう)、(もうちょっとくらいいいかな)、(あとでやればいいや)といった考えに負け、どれだけ自分を堕落させたことか・・

試験勉強も、まだ1週間以上あると思ったら100%不合格になるだろう。

「あと8日しかない!」 そう思うようにしよう。

これが残された最後のチャンスなのかもしれない。

国家試験受験まであと8日 借金残高 1,799,204 円

hensai090117.jpg


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

厳しい選択
「○○君、相談があるのだが、いいかね。」

「はい。」

呼ばれた時から何となく不安を感じていた。

「今月25日の日曜日だが、一人荷受けの仕事をやる予定だった者が出られなくなってしまったんだ。悪いが代行してもらえないだろうか。」

まさかの心境だった。よりによって、大事な試験の日を狙いすましたように・・・・・・

「え・・・・・・・・  25日ですか?」

「そうだ。25日だ。休日出勤で悪いが、その代わり平日に代休を取ってくれて構わない。協力してもらえないか。」

今の立場を延命するには、試験を犠牲にしても引き受けるべきなのか・・ 頭が混乱した。

この試験のために頑張ってきた努力は簡単に捨てきれない。でも、断れる立場なのか?

魔が刺したのか、嘘をついて断ろうとする醜い考えが何度も沸き、振り払うのが大変だった。

無理して協力したほうが良いのか?どうせ辞めさせられるなら、失敗覚悟で受験を取るべきか・・・。

「どうした?都合が悪いのか?」

「いえ・・・ ちょっとお時間を頂けますか?すぐにご返答します。」

「無理なら他をあたる。別に待たされてまで頼みたくはない!」

上司の顔がけわしくなり、言葉がきつくなった。

追い込まれたその瞬間、頭の中に覚悟が出来た。

「実は電気通信主任技術者の試験を受験する予定です。この日だけは受験させて下さい。すいません。」

役立たずと言われる覚悟をして発言した。だが、上司の言葉は意外だった。

「何だそうだったのか。君の年齢でそれだけの試験を受けようという人間は少ない。意欲的だな。頑張れよ!」

正直であることが大切だと痛感した瞬間だった。

ほっとしたとたんに、手がぶるぶる震えているのがわかった。

いままでの自分なら、へたな嘘をついて余計ややこしくしたかもしれない。または、言いたい事も言えず、悔いを残すような行動をしたかもしれない。

ついに会社で受験を公言してしまった。

もう進むしかない。

気持ちを徐々にまとめながら、今日も3,000円を返済した。

国家試験受験まであと9日 借金残高 1,802,204 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

挑戦する気持ち
いよいよ国家資格の受験日まで残り10日となった。

いままで失敗や苦労を避け、簡単な事しかやった事がなかったが、このレヴェルの試験に挑む気持ちになれたのも、この借金とブログのおかげかもしれない。

昨年10月後半に「ため息と共に」というタイトルでブログを開始した。

タイトルは大げさにも「最後の挑戦」と名付けた。

生まれて初めて強い危機感を感じ、以来ここまで続けている。

日記なんて、子供の頃から続いた事の無かった自分が不思議なものだ。

ブログを書き始めた時、1月25日(日)の試験に申込みをするか迷っていた。

ブログを書いているうちに自らの心をみつめる機会が増え、申込み期限ぎりぎりに18,700円ものお金を払って出願した。

4教科すべてをクリアして合格できる自信など全く無い。

でも、困難に挑戦する勇気を持てた事に後悔はしていない。

年齢を気にするのも辞めた。

40代だという事を気にしたって、なんら得にもならない。

不思議なもので、「記憶力と年齢は関係ない!!」って思ったら、少し覚える力が増したような気がする。

不合格でも失敗したと思わないようにしよう。

いままで失敗を恐れて、すごく損していたと思う。

不合格でも、次に成功するための良い経験を出来たと思えば良い。

行き帰りの電車の中で読んでいた問題集は、手あかまみれの上、ついにビリビリと破けはじめた。

ここまで本気で勉強したのは、高校を受験した時以来かもしれない。

最後の1秒まで頑張る決意をあらたに、今日も3,000円を返済した。

国家試験受験まであと10日 借金残高 1,804,523円

電気通信主任技術者


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

どこかで
朝起きて、出社の支度をしながらテレビをつけていた。

そこに最近よく話題になる初の女性プロ野球選手となった吉田えりさんが紹介されていた。

なぜか悔しそうに号泣していた。

嫉妬深い奴が足を引っ張るために言ったのか、心無い相手から「客寄せパンダ」と嘲笑されたらしい。

16歳という年齢で急激に注目を浴び、プレッシャーも日々大きいだろうし、真剣にやっている事に対して侮辱されれば心が保てなくなるのも当然かもしれない。

言葉は時に暴力よりもきついときがある。

自分も今日、言葉の暴力に辛い思いをした。

昨日のシステム障害報告書を作成し、ある部署の上司に提出したのだが、「お疲れ様」の一言も無いどころか、「何で日頃から保守の手順書を作っておかないんだ。情報共有も出来ない人間にはここで仕事をするな!使えない事ばかりやっている。」と一蹴された。

周りに居た人も、この言葉には酷いなと思ったのだろうか。

その上司が席をはずした時に、普段あまり話をしない人達が数人、「昨日は大変でしたね。お疲れ様でした。」と言ってくれた。

心無い人に求めても難しい。

16歳の吉田さんにとって、先の一言は今まで経験したことない試練だったかもしれない。

これからもプロの世界は甘くないだろう。みんなが生活を賭けて必死になっている。

注目を浴びる運を持った吉田さんでも、良い結果を出せるかどうかはわからない。

でも、気持ちの続く限り、今の純粋な目の輝きのまま頑張って欲しい。

中途半端な生き方をしている自分にとって、自宅の地下室に練習場を設けてまで練習している少女の姿に何かを教えられたような気がした。

これだと思ったことを貫く姿。自分に正直に生きる姿。

これまでの人生に欠けていた事を自覚させてもらった。反省を行動で示し、取り返したい。

そんな事を考えながら、今日も3,000円を返済した。

借金残高 1,807,523 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

生き甲斐とは
今日は、突然のシステム障害で違う現場へ対応に出向くよう命じられた。

普段は常駐で自分の場所だけを担当しているので、びっくりした。

古いシステムなので、会社の中にノウハウを持っている人が少なく、めずらしく自分が頼られる事になったのだ。

急な話だったので、慌てて準備し、インターネットで場所を確認するや否や会社を飛び出した。

現場では怒号が飛んでいて、少しでも早い復旧を出来るよう、数名のエンジニアが必死に手探りで原因を模索していた。

こんなシステムでも、止まると基幹業務に影響がけっこうある。

いくつか状況を確認すると、たまたま自分が知っていた知識ですぐに解決できる問題とわかった。

すぐに上司に連絡を入れ、設定を入れなおし、システムを再起動すると、何事もなかったのように復旧した。

「いやぁ ○○君!!よくやってくれた。本当に助かった。丸一日止まってしまったらどれだけ業務に支障があったことか。ありがとう!!」

「お役に立てて嬉しいです。」

なんだかすごく照れてしまった。

役に立てて嬉しいなんて経験は、1年間で何度も無い。

つい数日前、俺はリストラだと覚悟していたのに、何だか急にこの仕事をやっていて良かったと思えるほどだった。

たまには神様も、みじめな自分の姿を見てあわれんでくれたのだろうか。

よし! 頑張って勉強し、努力しよう。

今日みたいな事が再度あるのかわからないが、人の役に立てた時の嬉しさは、本当に生き甲斐を感じる事だと思った。

帰り道、1月25日の試験の受験票へ貼る写真をスピード写真で撮影してから、コンビニで今日も3,000円を返済した。

借金残高 1,809,840 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

勇気づけられる言葉
連休に出て、心身ともに疲れていたのか朝は10時に起きてしまった。

溜まっていた洗濯物を雑に洗濯機へ突っ込み、捨てるべきゴミをまとめたりしていたら、あっという間に午前中が終わってしまった。

お昼は一人で特売で買ったカップラーメンを食べ、午後から勉強をしようと本を開くのだが、あれだけ寝たのに眠気がすごい。

加えて仕事の嫌な事なんて忘れたほうが良いのに・・ どうしても雑念が沸いては邪魔をする。

開き直って、クリーニング屋へ背広を出しに行き、少しでも心の支えになればと思って、今日も3,000円を返済した。

帰宅後、むさぼるように寝てしまった。

気がつくと夕方・・ 今日こそしっかり勉強しなければいけなかったのに・・

不安と行動が一致しない。焦ってはいけないと思いながら、じわじわと焦りが募る・・

つい、見る気もないのにテレビのスイッチを入れた。

そこには、男性依存に苦しみ、取り返しのつかない行動を繰り返し、自傷行為すらしている女性が尼僧に諭されるドキュメンタリーを報じていた。

引きこもり、苦しみ、お寺へ駆け込んで救いを求める女性が、寒さの中で水をかぶり、精神を鍛えるための行に身を投じる。

それでも見えてこない再起への道を諭すため、尼僧が語っていた。

「人間は本来寂しいもの。一人で生まれて、一人で死んでゆく。苦しい中から立ち上がって生きていこうという気持ちを持って欲しい。」

「まかぬ種からは生えない。まいた種は自ら刈らねばならない。」

たった一言の中に、浮世を離れ、仏門へ生涯を捧げている方の深い思いやりを感じた。

自分はこれといった信仰は無い。

だが、良いものにはありがたいと感じる気持ちはある。

今日の一言は、まるで自分に伝えて頂いたかのように心で受け止めたものがあった。

「まかぬ種からは生えない。」

まずは将来に花を咲かせるための種(努力)をまこう。

水をやり、手入れをして、本気で花を咲かせたい。

借金残高 1,812,498 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

ちぎれそうな心
きつい視線だった・・・

もうこれ以上、自分の都合ばかりゴリ押し出来ないと観念した。

今日こそ取り返そうと思っていたが、それほど世の中甘く無い。

朝、早めに行って荷物移動の準備をしていたら、若い彼等がやって来た。

自分を見るなり気まずそうにしていたが、リーダー格の一人が「さっき○○課長に話しましたけど、今日は手が足りているんで俺達だけでやることになったんですよ。課長も了解なんで、もう良いっすよ。」

○○課長からも「悪いな。手が足りているらしいから、自分の残務でも適当にこなし、引き上げてゆっくり休んでくれたまえ。」

手が足りているわけがなかった。あれだけの作業量は、あと2日あっても足りないかもしれない。

足手まといな奴に居られるより、居ないほうがましという事か・・・・。

お昼に若い彼等とすれ違った。

「お疲れ様。」と声をかけたが、それまで高笑いしながら歩いていたのに、急に堅い表情へ一変し、気付かなかったかのごとく足早に去って行った。

惨めだった・・・・。

もはや軽作業すら、仕事を任されるのが難しくなっていたのかと思うと、情けなさと襲ってくる不安が断ち切れない。

結局午後3時に会社を出た。

(今、保守を担当しているシステムが更改されたら、俺の居場所は完全になくなってしまうのか・・。)

重い足取りで帰宅しながら、心の葛藤と戦った。

意地でも自分をかわいそうだと思ったり、助けを乞うような真似はしたくない。
それをやっていたからますます不運を招いていた。

潰されるのをみすみす待っていては駄目だ。

早めに帰宅した事もあり、最寄り駅近くの喫茶店で試験勉強を1時間した後、今日はコンビニで3,000円を返済した。

借金残高 1,815,155 円




にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

自覚
久しぶりの休日出勤だった。

会社も景気の波にあおられ、昨年から残業や休日出勤に対して厳しい対応を強いている。

今日のような誰でも良いから来て欲しい場面でも、後日提出させられる報告書の負担が面倒なため、希望する人間が少ない。

今の自分は、こんな機会にしか出番は頂けないと思った。

朝9時集合だったが、8時には会社に着いた。

お湯を沸かし、湯飲みであたたかい一杯のお茶をすすりながら、よしやるぞ!と気持ちを高めていた。

雑用をこなしながら、ようやく時間になったが、今日は休日出勤という事もあって20代の若手陣が多かった。

40代は自分だけ・・ しかも違う部門からの参戦だった。

仕事は物品のダンボールを何度もあけたり、不具合の有無を確かめたり、製造番号等をデータ入力したり・・・ 自分でも十分できると思っていた。

でも、打ち合わせで細かい説明は無かったし、マニュアルも無く、普段やっている人に聞かないと、どこに置いてよいのか、どこに発送すればよいのか、わからない事だらけだ。

始まってすぐに若手社員がテキパキと動いている。

まごまごしていては気まずいと思って、「○△君。悪いけど・・・ これって・・・ 。」

ちょっと聞こうとしただけだった。

「あ、悪いっすけど、俺やるからいいですよ。」

弾かれるように言われてしまった。

その後、誰に話しかけても教えてる暇など無いとばかりに、聞くに聞けない状況が続いた。

役立たずな状況に焦りがだんだん募ってきた。

結局、大した作業の手伝いにならないまま午前中が終わった。

そして、午後・・

一人の高卒で入社してきた新人が遅れて出社してきた。

「○△せんぱーい!これってどこに送ればいいんすかねぇ。」

「しょうがねぇ奴だなぁ。この間教えてやったろ!!いいか、こいつはなぁ。あそこの・・・・・。」

若いうちは聞くだけ聞いておけという言葉を思い出した。

当たり前だが、19歳の人間に対する見方、接し方と40歳を超えた人間に対する見方は違う。

年齢の分だけ厳しさを求められて当然。教わろうと思う考えが甘かった。

自分にも平等に若い頃があった。若い彼らに嫉妬を感じている場合ではない。こんな状況を招かないようにしていなかった罰だ。

ふぅ・・・ と大きな深呼吸をして力を抜くように心がけ、その後は邪魔にならないように気をつけながら、必死に彼らの仕事の流れを目で追い、盗む努力を続けた。

持ってきた手帳は汚い文字のメモですぐに一杯になった。

夕方になり、いくつかの作業で次に何をやるべきなのか見えてきた。

一連の流れ作業の中で、思い切って自ら飛び込み、できるだけ参加するように努めた。

やりにくそうな彼らには悪いと思う気持ちもあったが、自分も人生に負けるわけには行かない。

ぎこちなくても「役に立ちたい!」という気持ちは本気のつもりだ。

明日も再度チャンスがある。今日よりは役に立てた実感を持てるように頑張りたい。

そんな事を考えながら、今日も3,000円を返済した。

借金残高 1,817,812 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

きっかけ
新年早々これだけ激流に飲み込まれるとは想像していなかった。

人生に何度か山場があるというが、自分にとって、一つの大事な場面だったのだろうか。

最後の力を振り絞り、やるだけの事はやった。

数名の方にブログを通じて初めて頂いた激励の言葉の数々も本当に嬉しかった。

あれだけ感情を吐き出したせいか、今日は意外にサバサバした心境で仕事に出る事が出来た。

もう職場で浮いていようが構わない。あきらめとは違う開き直りの心境だ。

いまさら細かい事を気にしても、どうなるものではない。そんな悠長なポジションで無いことも自覚した。リストラ候補だと思われようが、勝手にすればいい。

自分は自分らしく行動するのが一番。

朝の挨拶も、会う人会う人に突然声を出してこちらからしてみたら、驚いたように「お、おはようございます。」と返してくれる人もいたり、まったく無視している人もいたり様々でおもしろかった。

これでダメならしかたないと思えた事が良かったかもしれない。

ある部署で急に受注が重なり、人手が足りず困っているといった連絡があった。

3連休の予定だったが、まっさきに休日出勤の立候補をした。

周囲に「え、あの人が?」という反応は多々あったが、なりふり構う気持ちは微塵も無くなっていた。

結局、土日だけ出勤になったが、明日からの仕事のため、簡単なミーティングに同席し、「いや 本当に助かったよ。ありがとう。」と言われ、役にたてたなら嬉しいと感じた。

能力の低さを悲しんだり、自分は可愛そうだと卑屈になるより、劣る力でも精一杯努力するほうが気持ちが良い。

100点取れる人が90点しか取れないより、普段20~30点の人が50点取ったほうがすごいと思う。

悶絶するような苦しみのおかげで何かきっかけが掴めたのだろうか。

今日は会社の上司から何も言われなかった。いまさらビクビクする気持ちにもならない。

切るなら切ってみろ。

久しぶりに前向きさを感じる気持ちを胸に、今日も3.000円を返済した。

借金残高 1,820,468 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

屈辱の瞬間
ある意味はぐらかされた1日を経て、今日も朝がやってきた。気持ちの良い晴天だ。

しかし、天気と裏腹に気持ちは重く、会社に向かう足取りは惰性そのものだった。

逃げてはダメだという思いと、何かを避けるような気持ちが交錯し、自分の心に焦点を定める事が難しい。

本当は試験勉強もしなければとわかっている。だが、呼び出しを受けてからはすっかりペースが崩れ、本を開いても上の空になってしまうのだ。

生殺しとは、まさに今のような状態を言うのだろうか・・

そして・・

ついに時がやってきた。

午後の始業チャイムと同時に内線電話がかかってきた。

「○○○君。今、4階の打ち合わせ室へ来てくれるか。」

ごくっとつばを飲み込み、静かに席を立った。上着を着てから廊下へ出ると、その足でゆっくりと階段を登り、指定の部屋へ向かった。

部屋の前の長椅子には、あの嫌味な年下上司と、もう一人同世代の中間管理職が居た。

古い造りのビルなので、ドアも多少ガタついており、廊下には打ち合わせ室の声が筒抜けだ。

何かおかしな事でもしゃべった際の証人として、わざとらしく配置されているのだろう。

悔しさを感じながら、ドアをノックした。

200人ちょっとの中小企業とはいえ、取締役に下っ端の作業員が面会する事はめったに無い。

緊張感で、少し硬くなっているのがわかった。

「○○○君。君はこの会社でもう4年目だったかな。どうだ。最近の調子は。」

はじめて話す取締役に、覚悟を決めて返答した。

「おかげさまで、仕事にも慣れました。何でもやらせて頂きたい気持ちです。会社のお役にたて、人に喜ばれる仕事がしたいと思っています。喜んで頂ける気持ちが自分の生き甲斐だと思っています・・・・・。」

5~6分の間、必死に自分の思いをぶつけた。無我夢中だった。

最後、ご挨拶をして部屋を去るとき、「若々しく前向きでいいぞ。その調子で頑張ろうな。」と言って頂き、お世辞だったとしても少しほっとした気持ちだった。

だが、廊下に出た瞬間、そんな気持ちは吹っ飛んだ。

そこに居たあいつらの顔は、まさに汚い汚物を見るような目つきだった。そして、何事もなかった事が気に喰わなかったのか、つばを吐かんばかりの態度で背を向けて立ち去って行った。

残された自分の手は小刻みに震え、唇をかみしめていた。

この屈辱感は一生忘れないだろう。

今日はどうしても残業をする気になれず、一言周囲に体調が悪いとお詫びして定時間退社をした。

そして、なぜか無性に自分の母校が見たくなって、帰途と逆方面に懐かしい中学校の校舎を訪ねてしまった。

自分の中学時代は校内暴力ブームで荒れていたが、この中学では人生を左右してくれた素晴らしい先生がいらした。

校舎や周りの街並みもだいぶ変わっていたが、自分の頭には純粋で子供だったあの頃のおぼろげな思い出が次から次に思い出されていた。

なんだか知らないうちに熱いものが目頭からあふれてきた。

それから何時間、その周辺を歩いただろう。

気がつくと日付が変わる寸前に帰宅する事になっていた。

せめてあの頃のような白紙の状態に戻りたい。そんな願いを込めて、今日も3,000円を返済した。

借金残高 1,823,468 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

席を離れて
重苦しい朝だった。

昨晩、やっとの思いでブログを書いてから床に就いたが、目をつぶってから急に雑念が何度も襲ってきた。

振り払っても振り払っても、次から次へ、不安と恐怖が脳裏をかき回す。

浅い睡眠と、息切れ寸前の目覚めを何回繰り返した事だろう。観念して朝5時に意味もなく起き上がった時は、手が汗ばんでいた。

本当に自分は弱いと思った。あれだけ辞めても良いくらいの覚悟を決めていたのに・・

通勤時、いつもなら参考書の一つも開くのに、今日は軽い吐き気で立っているのがやっとだった。

会社では、昨日呼び出しを受けていたことが噂されていたのか、いつも以上に周囲がよそよそしく、遠くから見てはいけないものを見ているような態度に感じられた。

約束の朝11時になった。覚悟を決め、上司へ電話を入れた。

「○○○君。悪いね。△△専務が、大事なお客様の対応で今日無理になったんだ。明日、都合がついたら呼ぶからそのつもりでいてくれ。」

すっかり硬くなっていた気持ちが拍子抜けし、体のバランスが崩れるような心境だった。

やるなら今日、白黒はっきりさせたかった。

昼休みのチャイムが鳴り、いつもなら近所の定食屋へ駆け込むが、今日は食欲がわかなかった。

席を離れ、とぼとぼと外を歩いてたどり着いた場所は、天気が良いと一人で来る事が多い公園の片隅だった。

公園のベンチでボーっとしていると、線路の向こうにケガをしたのか痛々しく足を引きずって歩く犬を見つけた。飼い主に捨てられたのだろうか・・ かわいそうにふらつきながら、それでも生きるために必死に何かを目指して歩んでいるように見えた。

その姿を何気に見ていた時、急に「最後は自分の事は自分で助けるしかないんだ。」という言葉がどこからか聞こえたような気がした。

錯覚だと思う。

でも、その言葉が頭からずっと離れない。帰り道もずっとその言葉が頭をめぐっていた。

「最後は自分の事は自分で助けるしかない。」

今日は機会を逸したが、明日、その時が来たら、精一杯の自分を表現しよう。誰に頼るわけでなく、自力で乗り切るしかない。それで俺を切るなら切れば良い。

そんな思いをめぐらせながら、今日も3,000円を返済した。

借金残高 1,826,124 円



にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

くじかれた出鼻
思っている事は現実になる事が多いのだろうか。

多額の借金を抱えてから、じわじわと増える利息、今失職したら後が無い恐怖に追われてきた。

事の大きさに気がついた時は遅く、それでも正社員の立場なら努力次第と思っていた所もあった。

今日は、続けてきたブログを書くのは辞めようかとも思った。

午前10時頃、いつも何かあると相談していた信頼する上司から突然呼び出しがかかった。

新年の挨拶も済ませていたので、(いったい何だろう?)と思いながら打ち合わせ室へ足を運んだ。

そういえば、昨日、その上司の顔がいつになく曇り顔に見えた事を思い出した。

「○○○君。君も苦労しているよな・・。努力しているのは知っている。だが、君の仕事ぶりに対して・・・・・・・・・ 。」

約20分くらいだったろうか。想像以上に自分の存在へ会社がすっかり困り果てているとわかった。

悔しさと悲しさで、目から熱いものが何度も流れそうになった。手は小刻みに震え、口の中は乾き、こらえるのがやっとだった。

優しい上司だったが、自分の不出来のために周りから指導責任を問われ、無理やり言わされたのかもしれない。

苦しくて、時間以上に重く長い時間に感じた・・・。言葉の揚げ足を取られるのが怖くて、ほとんど言葉を返さなかった。

結局、明日、取締役と面会し、自分の気持ちを伝えるよう約束させられた。

この会社も中小企業とはいえ、違法な行為を避ける風土がある。その中で、精一杯ぎりぎりの考えを伝えてきたのだろう。

確かに自分は集団の中で一人浮いていて、特別仕事が出来るわけでない。不況で人が溢れている中、若くて優秀な人材に取り替えたほうがよっぽど良いに決まっている。

堕ちるところまで堕ちた・・・・・・。

意識して大きな深呼吸をすると、だんだん悲しさや悔しさなどが消え、心がからっぽになって行った。

(もうこれ以上失うものは無い。)

そう思うと、どうにでもなれという開き直りのような強さが自分に芽生えて行くのがわかった。

帰り道、びっくりするほど覚悟が決まった自分がいた。

こんな状況下でも返せるなら続けよう。そう思って、3,000円を返済した。

借金残高 1,828,434 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

言いたかったお礼
久しぶりの出社だった。

年明けという事もあり、普段はあまり挨拶を交わさない人を含め、「本年もよろしくお願いします。」といった言葉が社内に飛び交っていた。

出社後すぐに、そばに座っていた人の席がきれいに片付けられている事に気がついた。

その男性は派遣の方だった。

半年前から同じフロアで仕事をするようになり、誰に対してもいつも明るく挨拶をされ、私のような無表情の嫌われ者に対しても、何かあれば気を遣ってくださることが多かった。親切だった。

仕事も熱心で、結構ほめられている姿が多かっただけに驚いてしまった。

近くの人に尋ねると、急遽昨年末で契約更新されないことになり、そのまま職場を去られたとのこと。

事情を知らなかったとはいえ、せめて一言「ありがとうございました。」とご挨拶したかった。

そうかと思えば、10歳年下の馬鹿上司は、正月早々「能力が足りない奴は首を切れ!」と大きな声でわめいている。

モチベーション下げている暇があったら、お辞めになる方の紹介くらい丁寧にやれと言いたくなり、かなり頭にきたが、カッとなる一歩手前で自制した。

こんな奴の下で足蹴にされている現状は、自分も人間性が足りず、過去の甘えと努力の足りなさが招いた事だと思う。

殴ってやりたいこの気持ちを、これからの精一杯な努力にぶつけよう。

あんな奴からも反面教師として、社会でしてはいけない事を教わったと思うようにしよう。

20日後には大事な国家資格の試験がある。

電気通信系の主任が受ける難易度の高い試験だが、こんな気持ちもパワーにして、絶対自分を超えてやる。

そんな気持ちを噛み締めながら、今日も3,000円を返済した。

借金残高 1,831,088 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

教わる
(いよいよ明日から仕事だなぁ。)

冬休みのノルマにしていた通信教育の課題がやっと午前中に終わった。

凝りに凝った肩と背中をのけぞらせ、あくびをしてから見る気も無いのにテレビのスイッチを入れた。

そこに、長渕剛さんの姿があった。もう長いこと、長渕さんの曲を聴いていない。懐かしいなと思った。

見た番組はNHK総合で放送された課外授業 ようこそ先輩 スペシャル「心から叫べ!」

すっかり見入ってしまった。本気で感動した。

テレビ番組という特殊な舞台とはいえ、あれだけ体当たりに母校の後輩へ情熱のこもった叫びを訴える事が出来る人は、世の中に何人いるだろう。

秋葉原の無差別殺人を取り上げ、卒業間近の高校生に考えさせる。
そして、彼らのうわべだけの感想へ本気で怒りを示し、人生の先輩として、人間は何が大切なのか全霊を込めて訴え、問いていた。

目線をそらさず真剣に後輩達へ向き合い、熱く、熱く、真摯な考えを叫び、次第に彼らは長淵さんの訴えへ心を奪われ、時には涙すら流していた。

30歳以上年齢の離れた子供たちと心で通じ合い、感じあい、絆で結ばれて行く。

こんな神様のような芸当が出来る人だから、デビューから30年、ファンの圧倒的支持を集め、52という年齢でも若々しく人生を謳歌されているのだろう。

同時に、長淵さんが訴えていた他人が殺されそうになっていても(俺じゃなくてよかった)と傍観している人物に、自分もなっていたのかなと反省した。

黒板にチョークの粉を飛び散らせながら、でかい文字を書き、大人になると心で感じる事を失って行くと説いていた。

そうかもしれない。

だから、こんな姿になってしまったのだろう。

自分は長淵さんのような叫び方は出来ない。だが、自らの馬鹿で招いたこの逆境から学び、自身を変え、自分なりの目標へ向けて心の中で叫び続けたい。

そんな事を考えながら、今日も3,000円を返済した。

借金残高 1,833,742 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

あたたかい言葉
年々、年賀状を交わす枚数が減っている。

一つはインターネットの普及と共に、電子メールが文化として浸透してきたこともある。

加えて自分の不器用な人付き合いが、寂しく悲しい現実を作りあげている。

今年はたった15枚程度のやり取りしかしていない。

そんな中、大学時代の友人から1通の年賀状が届いた。

10年くらい前まで彼とよくやり取りしていたが、不精で挨拶を欠かしてしまい、昨年久しぶりに年賀状を出したが、その時は返信が無かった。

返信を期待していたわけでないが、何か心に寂しさを感じていた。

「あけましておめでとう。久しぶりだね。元気かい?たまには会って飯でも食おうよ。」

たった1文だったが、すごくあたたかい気持ちになれた。

彼も立派な立場になっていると聞いたことがあり、実際には会ってもらえる時間は無いだろう。

社交辞令だったのかもしれないが、損得勘定抜きで付き合っていた学生時代を思い出し、懐かしさで胸が一杯になった。

同時に欠かしてはいけない付き合いもある事を、今さらながら思い知った。

やってきた無作法の傷跡は大きく、急に直す事は出来ないだろうが、生きている限り小さな心がけを積み上げて行きたい。

そんな思いを頭に描きながら、今日も3,000円を返済した。

借金残高 1,836,742 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

言えなかった思い
自分にとって、唯一の身内が母だ。

20年以上前から親戚付き合いも希薄化し、今では正月に会うのは母だけとなった。

久しぶりに車で出かけ、母に会った。

1年前より随分年を取ったように見えた。

もう70を過ぎているので当然だが、立ち上がるのも辛そうだったし、いつもの早口な調子から比べるとだいぶ話すテンポも遅くなった。

だが、自分を見て喜んでくれたのは親心からだろうか。

母にもしもの事があれば、それこそ自分は天涯孤独の人生を送らなければならない。

もう少し普段から大切にしてあげればいいのに、長年そっけない態度で過ごしてきたせいか、急に態度を変える事が出来ない。

それでも、一生懸命用意してくれた正月料理を食べて、「ありがとう。美味しかった。」と言った時は嬉
しそうにしてくれた。

本当は、今日、借金の事も正直に言うつもりだった。

でも、年老いた母を目の当たりにして、心配をかけたくない気持ちが勝り、ついに打ち明ける事が出来なかった。

正直に生きていない悔しさと、帰りの車の中で何度も葛藤した。

そして、何度も心の中で親に「すまない。」とお詫びの言葉を繰り返した。

もうこんな嘘をつく人生は嫌だ。

あらためて、この逆境から這い上がる決意を固め、途中のコンビニで3,000円を返済した。

借金残高 1,839,047 円


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ

歩み続ける
お正月ともなると、駅前に参拝帰りの幸せそうな家族やカップルが大勢いる。

この時期くらい新年を祝うムードでも良いのかもしれないが、今の自分の気持ちは例年と大きく違った。

気がつくと42という信じられない年齢を迎えるというのに、多額の借金は抱え、持ち家、家族も無い。

人付き合いもへたで、不器用に人を避ける生き方をしていたため、友人や恋人もいない。

正月の光景を眺めながら、自覚するのが本当に遅かったと反省をしていた。

完済という目標を達し、普通の社会人に戻るまで、自分に正月気分を味わう資格は無い。

かといって、能力が無い事を呪っても何も出てこない。

焦らず、自分の力を信じる事にしよう。そして行動で示すようにしよう。

生き方がへたくそで、低い能力かもしれないが、今年も自分なりの努力を重ねて完走したい。

そんな思いを頭でめぐらせながら、2009年最初に3,000円を返済した。

借金残高 1,841,699円

riyoumeisai-090101.jpg


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ご訪問ありがとうございます。よかったらポチっとお願いします。

テーマ:借金の生活・・悪循環そして悪循環・・ - ジャンル:ライフ



時計



プロフィール

koregasaigo

Author:koregasaigo
ID koregasaigo
年齢 42

意思が弱く何事も中途半端。
転職を繰り返し、2度結婚するも現在一人暮らし。
為替で一発逆転を狙うが大失敗。多額の負債を負う。

【管理人への連絡】はこちらをクリック



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード






Copyright© koregasaigo.All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。